画期的な仏像入門書『仏像えほん』魅力をご紹介

筆者 まふね
筆者 まふね

こんにちは。
こちらの絵本が素晴らしかったので、ご紹介します。

『仏像えほん ぼくとぞうの有頂天たび』
店橋花里たなはしかり (著・イラスト)、 肥田路美ひだひろみ (監修)
2022年 横浜アニメーションラボ

筆者は仏像大好き!本大好き!そして日ごろ絵本に触れている幼子の母です。
具体的な魅力をたくさん感じたのでレビュー記事を書きました。

どんな本なの?買うべきかな?

と思っている方の参考になれば幸いです。

スポンサーリンク

どんな本?

美しいイラストと優しい物語を楽しめる絵本でありつつ
仏像のしっかりとした解説書でもある本です。

仏像とは何なのか?どんな種類があるの?
など基本的なことを、楽しみながら学べます。

仏像に興味があれば、大人でも子供でもおもしろいですし
日本の文化に触れたい外国の方にも、とてもオススメです。

対象年齢は
読んであげるなら、5・6才から
自分で読むなら 小学校中学年から
だそうですよ
『仏像えほん』対象年齢

以下の点からとても画期的な書物だと感じます。

・仏像を知るための絵本というのは、かつてない(たぶん)
・子供がいちばんの読者層であるため、解説書としてすごくとっつきやすい

類書を上げるとしたら、仏像入門書の金字塔
『仏像のひみつ』(山本勉/著、2021年 朝日出版社)
でしょうか。

仏像を知りたい人のために、やさしくわかりやす~く作られた点が共通しています。

『仏像のひみつ』…文芸書。たのしい文章が好きな方に
『仏像えほん』…絵本。美しい絵が好きな方に

仏像入門書の比較

なお「解説・入門書」と銘打ちましたが、一般の解説書と違って
実物の仏像の写真は載っていません。
お子さんに「xxx寺のxxx像ってどんなの?」と聞かれたら、ご一緒に検索して楽しんでくださいね。

何が魅力?

絵のうつくしさ

かわいらしくカラフルで抒情的。ぐいぐいひきこまれていく素晴らしい絵が満載です。
言葉で語るより、写真をご覧ください!

『仏像えほん』ワンシーン
我が家のマンモスが見惚れています

著者の店橋さんの画力がめちゃめちゃ高い!

お子さんに上質なものを見せたい親御さんの心をくすぐりますし、大人は条件抜きで癒されます。
私などはクライマックスのページで、ぶわっと鳥肌が立つくらい感動しました!

解説がしっかりしている

著者の店橋花里(たなはし かり)さんは、早稲田大学で美術史を学ばれた方。
そして同じく早稲田大学の肥田路美(ひだ ひろみ)教授が、しっかり監修されています。

情報は濃く・間違いないものですね。

仏像の成立背景・種類・時代ごとの特徴・素材・日本の有名な像・ブッダの生涯・印相(手のポーズの意味)etc …

よくぞここまで!という情報量を、イラストで簡潔にまとめておられます。

『仏像えほん』ワンシーン
みんな寄ってきた!見せて見せてーー

美しい絵と質の高い情報で、手元に置いておきたくなる一冊です。

3歳の我が子に読み聞かせてみた

対象年齢は5・6才〜ということですが、3歳の娘に読み聞かせてみました(←英才教育)。

結果、3歳なりにめっちゃ楽しんでます!

絵本の導入にゾウが出てくると「ゾウさんだ~!」とゾウ探し。
あちこちに発見してニコニコ楽しそう!

『仏像えほん』裏表紙
裏表紙にもゾウさん発見!

ほかにも明王や天を見て「鬼~」とか、牛や鳥を見て「どうぶつ~」とか♪
語り口も心地よいようで、何度も「よんで~」と音読リクエスト。
子どもの心をつかむ、すばらしい絵本なのですね。

迷っている方はぜひご購入を

・美しいイラスト満載
・価値ある解説書
・大人も子供も楽しめる

これに加え、ご購入を勧める理由があります。それは
本は一定期間すると、紙の本が売り切れて電子書籍のみになってしまうケースが多いこと。
絵本でも漫画でも一般書籍でも、書店にずっと置かれるロングセラーはほんの一握りなのです。

絵本はやっぱり紙でしょ!

と思いますので、どうぞお早目に😊
たくさん売れれば増刷がかかり、長く本屋さんにに置かれます。
このような素晴らしい本は、書店で多くの人の目に触れてほしいと願っています!

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

※記事中の画像は、著者ご本人に使用許可をいただいたものです。

未分類
\この記事をシェアする/
スポンサーリンク
ブログランキング参加中

いいねと思ったら、ポチッとお願いします!
    ブログランキング・にほんブログ村へ

この記事を書いた人

イラストレーター・漫画家/仏像描いて10余年 ▶︎京都で日本画や仏像史を学ぶ→デザイナ→漫画家 ▶︎著書に『仏像に恋して』『彼と彼女のヒストリごはん』など ▶︎関東在住、アート教室講師、育児中のアラフォーです。詳しくはこちら

\フォローする/
伝統文化に恋して