【密教とは?】仏像ファンがイラストで簡単に説明

密教とは

密教みっきょうとは? と検索すると、難しい説明がたくさん…(涙)
仏像ファンで漫画家の筆者が、イラストで簡単にまとめました!

スポンサーリンク

結論。密教とは、仏教の一流派

「密教」ってなあに?

筆者 まふね
筆者 まふね

仏教の流派の一つだよ。
秘密の儀式「密儀」を重んじているんだって。

「秘密仏教」を略して「密教」
7、8世紀ごろインドで起こったと言われています。
日本では天台宗・真言宗が密教です。

由来を知ると、わかりやすい!

古代インドの宗教では、秘密の儀式密儀みつぎ」(神頼みの祈り・まじないなど)がたくさん行われていました。
そんな時代に生まれた仏教は、密儀に頼らず個々人で苦悩を克服することを目指しました。

「密教とは」説明イラスト1

しかし仏教が発展するにつれ、密儀はだんだんと許容されていき、密教が発展します。

「密教とは」説明イラスト2

こんなふうにインドで密教が生まれ、中国を経て日本にもたらされました。

日本の密教

日本に密教が伝わったのは、平安時代。

有名な空海と最澄が唐(中国)から持ち帰りました。
最澄が開いた天台宗
空海が開いた真言宗

この2つが、日本の密教です。

密儀の代表格は、火を焚いてお祈りをする「護摩(ごま)」。厄除けのお寺さんで見かけることも多いのでは?
護摩をしていたら、密教のお寺ということですね。

日本の密教の説明図

お寺でこれを見たら、密教!

密教のお寺さんで出会うものをご紹介。
これで見分けがつきますね。(一部例外もあり)

①曼荼羅(まんだら)
②大日如来像(だいにちにょらい)
③明王像 (みょうおうぞう)
④護摩(ごま)
曼荼羅、大日如来像、明王像、護摩のイラスト

大日如来や明王像・曼荼羅は迫力満点!護摩の炎とお祈りの声はとても神秘的。
密教のお寺さんには、えもいわれぬ魅力があります。

世界の密教

密教は各地に広がり、特にチベット仏教には現在も色濃く反映されています。

一方、インドや中国では衰退してしまったため
日本とチベットの密教は、仏教史を知る上で大変重要な存在となっています。

世界に誇る日本の密教文化、ぜひお寺や博物館などで感じてみてくださいね

なおこの記事の信ぴょう性につきまして。
私は仏像マニアですが、専門家ではありません。
もっと確実で詳しい事は、エキスパートの本をご覧くださいね。

日本の密教を深く知りたい方は、こちらがおすすめ!
興味をひかれる読みやすい文章で、サクサク読めちゃいます。

記事を書くのに参照したのはこちらの本。
仏像の素晴らしい解説とともに、密教のこともわかりやすく説明されています。

この記事が誰かのお役に立ちますように。

未分類
\この記事をシェアする/
スポンサーリンク
ブログランキング参加中

いいねと思ったら、ポチッとお願いします!
    ブログランキング・にほんブログ村へ

この記事を書いた人
真船きょうこ

イラストレーター・漫画家/仏像描いて10余年 ▶︎京都で日本画や仏像史を学ぶ→デザイナ→漫画家 ▶︎著書に『仏像に恋して』『彼と彼女のヒストリごはん』など ▶︎関東在住、アート教室講師、育児中のアラフォーです。詳しくはこちら

\フォローする/
伝統文化に恋して